gf2160421761

最近は外注化をしている方から
こんな意見も時々聞くようになりました。

それは、
「スマホ(あるいはタブレット)で作成したい」

と言ってくる外注さんがいるということ。

つまり、記事作成をパソコンでしないということです。

必然的に納品記事もワードでなく、
テキストで・・ということになりますね。

これってどう思いますか?

スマホの入力が遅い私からすると、
かなりの驚きですが、

これは単に入力が早い・遅いといった問題だけではありません。

今回は、この記事をスマホで作成する
といったことについて書いてみます。

スマホで作業してもいいですか?と言われたら

まずハッキリと言っておくと、
外注さんが応募してくる段階で、

「スマホで作業してもいいですか?」

みたいなことを言ってきたら、
即不採用とします。

確かに、今の時代、
スマホの文字入力が驚異的に早い人もいます。

私の感覚ではちょっと考えられないですが、
若い世代ではパソコンで入力するよりも
スマホで入力した方が早いなんて方もいるようです。

そうしたスマホ世代の人にとっては、
逆にパソコンの入力が遅くて苦手なんて人も
いるというからビックリですね。

早く入力できたら問題ない?

「スマホで早く入力できるんだったら問題ないんでは?」

という意見もあるかもしれませんが、
いやいや、かなり問題ありです

いくら早く入力できたとしても、
スマホやタブレットで、
きっちりしたブログ記事を書くことはできますか?

トレンドブログで成果を上げるためには、
検索ユーザに役立つ内容の記事を
多く投入しなければなりません。

文字数も最低でも
1記事1000文字以上は必要でしょう。

そして、記事を書くにあたっては、
キーワードに沿って複数の情報源から調べたり、まとめたり・・
といった作業が必要になります。

それを、画面の構造上、
マルチタスクが苦手なスマホやタブレットで
上手くまとめて、良質な記事を書き上げるのは
かなり困難です。

マルチタスクが苦手なのがスマホ

これは私の意見というのもありますが、

この
「マルチタスクが苦手」
というところが徹底的に
記事作成には向いていません。

思ってることをただ書きなぐるだけだったら
スマホでもできなくは無いでしょう。

でも、

「調べて」
  ↓
「まとめる」

という作業が発生する以上、
情報を参考にするためには、
一々画面を切り替えないといけないわけです。

網羅的に思考をつなぎあわせて、
記事を完成させるといった作業は、
そうしたスマホやタブレットでは
やはり困難ですね。

画像の挿入や動画の挿入などの作業も
してもらう場合は尚更です。

逆にパソコンだと、
人によって多少の個人差はあれ、
マルチタスク作業がしやすいものです。

面倒だからやらなくなる

外注さんに記事作成をお願いしているとして、
その作業に慣れてきたりすれば、
単価アップして新しい作業を依頼することもあるでしょう。

例えば、
これまでは記事の本文作成だけだったのが、
記事タイトルも作成してもらうとか・・

そうした場合に、
明らかにパソコン作業に比べると
スマホでは1つ新しいことをやるのが面倒になります。

そうしたマルチタスクが苦手なのが
スマホやタブレットですからね。

そうなると、次の仕事展開にも
支障が出てくる可能性もあります。

記事作成にスマホは無理

将来的にはスマホの技術革新で
見た目も使いやすさも
大きく変わったりすることもあるかもしれません。

パソコンと何ら使い勝手が変わらない
なんてことにもなるかもしれません。

でも、現状で言うと、
スマホやタブレットで良質な記事を
作成してもらうのは無理でしょう。

もし外注さんから、
「スマホ、あるいはタブレットなどで作成したい」
と言われたら、

ビジネスライクに断りましょう!

検索エンジンに評価される記事を書いてもらうためには
ここで下手に妥協しないようにすることですね。